2006年12月29日

ドラクエ占い

鬼っ子の冒険の書



親父がいなくなって3年、そして16歳の誕生日の朝を迎えた。

お母さん
「鬼っ子!早く起きなさい!王様がお待ちかねよ!」

身支度をさっさと済ませ、王様のいるお城に向かった。
そして程なく王の間にたどり着いた。


王様
「おお、勇者の血を引く者、鬼っ子よ。この日が来るのを待ちわびたぞ。
 早速だが、悪の大魔王『ゾーマ』を倒してきてほしい。
 旅の資金100Gを用意した。では頼んだぞ。」


・・・あまりに理不尽だと感じはしたが、とりあえずお店に向かった。


店主
「へい、いらっしゃい!」

「鬼っ子さんにオススメはこれだな。
 このロンダルキア産の胴の剣!普通の銅の剣は60Gだけど、
 この良質な銅を使った剣は1本しかなく値がはる。
 特別価格で今なら100Gでどうだ。鬼っ子さんにこそ似合うと思うぞ。」

鬼っ子
「そうだね、やっぱりこの剣は僕にぴったりだね!」

60Gの銅の剣と攻撃力は全く変わらないにもかかわらず、
思わず100Gの銅の剣を買ってしまう鬼っ子。
高品質なものが好きで、
おだてに弱いという鬼っ子の人柄を思わせる1シーンであった。


旅の支度を終えいよいよ町の外へでる鬼っ子。


鬼っ子
「よし、旅の目標を決めよう!
 とりあえず、勇者を目指す者として逃げずに戦っていこう!」

そこへモンスターがあらわれた!ゴーストだ!

鬼っ子
「初戦にしては、ちょ・・・ちょっと強敵かも。。
 でも目標を達成するためにも頑張るぞ!」

>鬼っ子の攻撃!ミス、ダメージを与えられない。
>ゴーストの攻撃!バシ!結構痛かった。
>鬼っ子の攻撃!ビシ!1ポイントのダメージを与えた。
>ゴーストの攻撃!バシ!かなり痛かった。
>鬼っ子の攻撃!ゴーストはすばやく身をかわした。
>ゴーストの攻撃!ズビシ!意識が遠のきそうになった。

鬼っ子
「や、やばいカモ。と、とにかく死にたくないから逃げて町に帰ろう・・・・・」

命からがらなんとか町に逃げ延びた鬼っ子。
責任感が高く最後まで目標達成まで粘り強く戦う鬼っ子の性格が伺えたが、
ちょっとムリをし過ぎたようだ。


ちょっとこのままではいけないと思った鬼っ子は、
旅の仲間をルイーダの酒場で集めることにした。



酒場で色々と話を交わした結果、
抜群のセンスを持った戦士と、
ツンデレな女商人と、
ダジャレが死ぬほど好きな商人と共に旅に出ることになった。


幾多の苦難を乗り越え、成長していく鬼っ子。
立派な勇者として名を馳せていったわけだが、それまでに数々の名場面があった。
その中で特に思い出深いエピソードといえば・・・


何故か立ち寄る町や村で次々に頼みごとが舞い込んでくる。
そんなに人に頼まれやすい顔立ちなのだろうかと、真剣に仲間に相談したりした。


「あの山の向こうの薬草があれば・・・」

と、村娘のお願いを何度か聞いて獲りにいったのだが

「先日覚えたベホマで治るんじゃないのだろうか・・・」

と、真剣に悩んだ。


・・・語りつくす事は出来ないが、
世界に名を馳せるだけの十分な活躍があったようだ。


そして旅はクライマックス、ラスボス『ゾーマ』の間に到着した鬼っ子達。


ゾーマ
「よくぞここまで来た。まずは誉めてやろう。ではかかってこい!」


仲間の1人が攻撃を繰り出し、それを見て慌てて攻撃する鬼っ子。

仲間の活躍もあって力を合わせてラスボス「ゾーマ」を倒したのである。



そして世界に平和が訪れたのである。



その後の鬼っ子はというと・・・


ルーラで世界中を飛び回る快感に酔いしれ、世界各地を飛び回った。

しかしお城で、さんざんもてなされた後、
酔った勢いでお城内でルーラを唱えてしまい、
天井で頭を強打し還らぬ人となった。


こうして物語は幕を閉じた。





出演

勇者:鬼っ子


制作:やん

※ドラクエな内容ですが、
 販売元のスクエア・エニックスとは一切関係ありません。


総出演時間(クリア時間)47時間
全滅した回数 64
はぐれメタルに逃げられた回数 44
冒険の書が消えてしまった回数 5
ぱふぱふした回数 7

ギャラ
ドラゴンキラー 0
はがねのつるぎ 11
銅のつるぎ 2
ひのきの棒 16

↑合計約14582G


明日のラッキー呪文   ホイミ(朝起きたら3回唱えよう!)



鬼っ子に質問しながらやってみました。
(-_-)ウケル
ドラクエ占い〜もしもオーディションシリーズ〜
タグ:ドラクエ
posted by 女将@鬼ヶ島 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い付き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

行ってきました。

スーパーエッシャー展。

エッシャーはオランダに生まれ南イタリアを愛した画家。。。

290186274_128.jpg
見た?
このものの学名は〜

ペダルテルノロタンドモヴェンス・ケントロクラトゥス・アルティクラトゥス。
見てみて。可愛いから。
エッシャーの描いた空想上の生き物。
写真は相棒のPCの上にでんぐりでんぐりを乗せてみました。

実は昨日行ったんだけど30分待ちとかで断念。。。
やっぱり日曜日はねぇ。。。
で、今日行ってきたのである。
1時間半〜2時間は居たと思う。
魅了されてしまったというか。

まぁ、とにかく自分の目で見て確認して感動して下さい。って感じかな。
で、でんぐりでんぐりを見て来てね。
1月13日まで渋谷の文化村でやってるよ〜

で、その後は期間限定のエッシャーカフェでランチ。
エッシャーの世界観もかもし出しつつまぁ・・・
カフェでした。(*^_^*)

で!
いきなり新宿。
久しぶりにヨーロッパの陶器に触れ、、、、、
今日は買ってしまった!!!

マイセン、リチャードジノリ、ウエッジウッド、ピレロイボッホ、ロイヤルコペンハーゲン・・・

そんな日もあっていいよね的な。。。(-_-)ナ。

大満足な1日だった。(^_^)v

あ、、、ちなみにカフェのディッシュたちはニッコーでした。
posted by 女将@鬼ヶ島 at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

髪を切った。

まぁ・・・
急に決めたこととで。
行き付けのお店にほぼ半年ぶりに行ってきた。
表参道のとあるところ。
薦めてもらって行き始めているところ。

美容室って・・・
会話するでしょ?
何か話さなきゃいけないと思ったり。
でも、その時間を大切にまったり過ごしたい。
だけど邪魔をされる時間でもある。
スタイリストのSさんはそれを知ってかあまり無頓着な会話はしてこない。質問も。
しかし髪洗い係の?くんは必死で話しまくる。
しかも髪を洗っている最中に!!!たらーっ(汗)
返事もろくに出来ないじゃないか。
だって、顔は白布に覆われシャワーの音で質問も掻き消され・・・
ピアスの話題だったか?
痛くないし、、、大丈夫。。。痒いところもないし、お湯加減も大丈夫です。苦笑。
で、、、
そんな会話をしてふ〜っと一息。
今度はドライヤーマンがやって来た!
ドライヤーマンはまたくだらないことを話しかける。
もーさぁ。。。。
いいじゃん、、、たらーっ(汗)
年賀状を書いたかだとか何枚書きますかだとか、、、
お前は何枚書くんだよ〜と聞いても返事は、、、
まぁ、そこそこです。
そんんな話しに付き合っていられないんだわ〜とおもいつつも。。
そ〜なんですか〜?って曖昧。
日本の文化なんですよね〜っとか。。。
すんません。苦涙。
よ〜わからんて、、、、、たらーっ(汗)
あんた、、、無理しなくていいから。

美容室での会話。
もし無理して話しかけているとしたらこっちも無理して答えている場合もあるからさぁ。。。
気楽にね。
放っといてくれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!


どうも。(^^;)

「お客様〜本日はトーク有りとトーク無し、どちらになさいますか?」
無しの方で〜
posted by 女将@鬼ヶ島 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 癇に障る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。