2006年07月13日

不動産関係。

コンセプト物件&リノベーション物件リンク
ただのメモ。

家株式会社 アールエイジ
家blue studio
家リネア建築企画
家東京R不動産
家有限会社 ノアノア空間工房
家タカギプランニングオフィス
家アルファープランナー
家メゾン・ド・デッサン
家R-project (IDEE)
家空間建築ファクトリー

本ブルータス不動産
本LiVES



デザイナーズ物件を探していたが
あほな不動産会社が多くて困る・・・。パンチ

建築家が何らかの意図を持って建てた個性的なものを探してるのに、
デザイナーが誰だかわからないデザイナーズマンションというものが山の様に出てくる。
デザイナーズマンションて言葉・・・・・はやりか。
もう空き家だらけの高層なんていらんexclamation
町並み&地域性を考慮した素敵な建物をおたてexclamation×2

(-_-)アトバカノヒトツオボエミタイナサービスギョウヲイシキシテナイセッキャクノフドウサンヤハバクハツシテシマエ。
爆弾
posted by 女将@鬼ヶ島 at 23:02| Comment(7) | TrackBack(1) | 観察以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少し厳しい意見だと思い書かせてもらいます。
棚橋百恵さまが言われる事も十分わかっているのですが需要と供給の面から致しますと今日のようになってしまいます。
町並み風景がお好きとのことでしたらその好きな町並みに行って、ご自分で出向いて探してみてはいかがでしょうか?
ネットで探すのは限度があります。
建築家の下へ行かれるのもひとつです。
意図も聞けるでしょう。
どうも、偏見をお持ちになられているようなので気になって書かせて頂きました。
そして、今後どのような物件を手に入れたのかも是非お聞かせ願いたいです。
Posted by 建築家D at 2006年07月14日 17:27
建築家Dさま

コメントありがとうございます。
ネットで全て済まそうなんて人は当然いないですよね〜。

綺麗な町並みを探そうとすればするほど無駄に高いマンションやドンキが邪魔です。
需要のものの見る目が無いと供給のものの見る目も育ちませんよね。
サーカーがいい例です。
十年前よりにわか評論家が増えましたし。ニホンゼンコクカントクデス。

建築家の方に書き込んで頂けるなんて光栄です。
(-_-)サラリーマンケンチクヤハビジョンヤビイシキモモテナクテカワイソウデスネ。
Posted by 棚橋百恵 at 2006年07月14日 22:58
そうです。
可哀想な私たちなのです。
こちらがどんなに良い図面を提供しましても却下です。
高層はもう時代錯誤なのですが不動産業界はそれを求めてきます。
建築家同士で意気投合したものは意見を出し合い面白く非日常的な事をしたいだけやらせてもらっています。
早くそれに気がついて欲しいです。
底辺で火が付いてもなかなか燃え上がりません。
Posted by 建築家D at 2006年07月15日 19:50
建築家Dさま

コメントありがとうございます。

今日の日経新聞に国から支援してもらってる
法人・大工の技術継承スクールがレビューされていました。
ニートやフリーターはもとより、
現在のチビっ子「子鬼」なりたい職業ベスト3に入っているそうです。
非日常的という言葉は=良質とは私は思いません。
彼等は伝統的な日本家屋を棟梁から学び、作っているそうです。

そうです。
言葉はいらないんです。
動く人間がいるかいないかなんです。
日本人は本来そういった資質を持っているはずです。


(-_-)イツカラマズハジメニノウガキタレルヨウニナッタンダカ・・・

Posted by 棚橋百恵 at 2006年07月25日 19:01
わたくしは大工では御座いません。
御察し致しますが。
記事を拝見していて気が付きましたが世の中に沢山の違和感や偏見をお持ちのようですね。
Posted by D at 2006年07月31日 10:19
Dさま

自分が見てるものが全てと思われてる方は
よく偏見という言葉を使います。

(-_-)ダイクサンカナンカナンテワタシニハカンケイナイサダッタラクンナヨ。
Posted by 棚橋百恵 at 2006年07月31日 20:25
サダッタラとは?
Posted by D at 2006年08月02日 17:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ニッポンのおもしろ会社
Excerpt: 東京R不動産、毎日見てしまうサイトです
Weblog: aslan
Tracked: 2006-08-23 20:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。